menu

最後の仕上げにアクリルスプレー。

サーフボードに描かれたのはドラゴン。ペイントを終えて、最後の仕上げにかかります。
アクリルスプレーは、インクが剥がれないようにするため、見栄えをさらによくするためのものです。
スプレーを塗布後、乾燥したらもう一度。2~3回繰り返すことがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

近寄りがたい雰囲気が漂っています。近寄りがたい雰囲気が漂っています。

色の濃淡を表現できるペイントペン。色の濃淡を表現できるペイントペン。

関連記事

  1. ウォールアート、大作がまもなく完成します。

    ウォールアート、大作がまもなく完成します。

    いよいよ仕上げの段階に入ってきたウォールアート。細かいところを、丁寧に塗っています。部屋の壁…

  2. ジミ・ヘンドリックス。

    ジミ・ヘンドリックス。

    ジミヘンの相性でも同じみの天才ギタリスト、ジミ・ヘンドリックス。彼のパフォーマンスの数々が想い出…

  3. 宇宙。

    宇宙。

    宇宙をイメージした神秘的な作品。スケボーで宇宙へ、そんな願いが込められているのでしょうか。…

  4. エンゼルフィッシュ。

    エンゼルフィッシュ。

    エンゼルフィッシュと花。ちょっとわかりづらいですが、ボードスティックスならではの綺麗な仕上がりで…

  5. スノーボードにオリジナルデザインを。

    スノーボードにオリジナルデザインを。

    自分でデザイン、ペイントしたスノーボード。これで、雪の上を滑走するのも何とも気持ちいいものです。…

  6. スノーライオンとゴールドフィッシュ。

    スノーライオンとゴールドフィッシュ。

    ボードに燦然と輝く、Tibetan Lion と Gold Fish。もちろん、ボードスティック…

  7. 水の中から。

    水の中から。

    水の中から出てくる龍。10色以上を使った大作です。…

  8. これが究極のペイントペン。

    これが究極のペイントペン。

    イエロー、レッド、ピンク、グリーン、ライトグリーン、ブラック。究極のペイントペン、ボードスティッ…

最近の更新

  1. グリップテープへのペイント。
  2. 印象がガラッと変わりました。
  3. 波がテーマの3つのボード。
  4. キャップへのペイント。
  5. 2つのスケートボード。
  6. 波間に姿を現すサメ。
  7. 木製のテーブルにいたずら書き?
  8. 何かが違う。
  9. シューズへのペイント。
  10. お茶目なガイコツ。
PAGE TOP